東京の国立医学部を受験してみることに

国立の医学部に合格し、今までの努力が報われた

東京大学 医学部東京医科歯科大学

昔から医者になりたいという思いがあった国立の医学部に合格し、今までの努力が報われた

最初は大変かと思っていたのですが、さすが受験に強い予備校だけあって指導力は非常に高い物があり、段々とレベルの高い講義に対してもついていくことができるようになったのです。
それからと言うもの自分でも驚くほどに学力が伸びるようになり、更にはそれまで難しいと感じていた講義もそれほど難しいものだとは思わないようになってきました。
模試の点数もどんどんと上昇をしていって、受験のシーズンに入る頃には完全に射程圏に入るようになっていたのです。
ただ、実際に合格をすることができるかどうかというのは五分五分といった感じで駄目だったときには、浪人をするかあるいは滑り止めで満足をするべきかと考えていました。
受ける前から落ちることを考えているなんて弱気だと自分でも思ったのですが、自分の学力を過信することができるほどに自惚れてもいなかったので、どうしても駄目だった場合のことは考えずにはいられませんでした。
その一方でやるべきことはやったという気持ちがありましたから、これで駄目だったら仕方がないという思いもあったためプレッシャー自体はそれほどありませんでした。
そのため、良い緊張感を持って受験当日を迎えることができたわけですが、問題をとき始めると思いの外スラスラと解けてこれはいけるという手応えがありました。
怪しい問題などもありましたが精神的な余裕があったので、それにとらわれることはなくできる問題をしっかり解いた後に怪しい問題も冷静に解くことができたことで、手応え十分の受験をすることができたのです。
自己採点の結果としてもほぼ合格は間違いなだろうという気持ちで、あとは運を天に任せる気持ちで合格発表を待ちました。
当日はさすがに緊張をしたものの、見事東京国立医学部に合格をしたとわかったときには、今までの努力が報われた気がしました。